文星芸術大学 日本画専攻BLOG学校の様子をご紹介します

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
卒業式のあとに 18:05

卒展も終わり、あっという間に卒業式になってしまいました。

しかも、明日から思い出にひたる間もなく新年度がスタート。






卒業式は相変わらず宇都宮らしい空気、しかし珍しく晴れた空のもと平成21年度の卒業式が行われました。


艶やかかつ華やかに…。
盛り上がり、盛り上がり。

卒業式も謝恩会も絆の深さってこういうことを言うんだな。と。


色々な思いもあって泣きそうに……いえ、実はこっそり泣いてました(笑)



四年間(二年間)は決して楽でなく、時に悔しくて涙したり、喧嘩したり、最高に楽しかったこともあったでしょう。

卒業後は、社会人になる人、進学し夢を追う人、じっくり道を探す人…それぞれが道を進んで行きます。

壁にぶつかることもあるでしょうが、時々大学生活を思い出したって良いんです。みんな頑張ってくださいね。



さて、最後になりましたが、日本画専攻のブログが始まり早4ヶ月。私、珊瑚末は本日の更新をもちまして卒業となります。
まだまだお伝えしきれない面もあり自分の無力さを痛感いたします。
短い間でしたが閲覧、コメントいただきましてありがとうございました。


なお、4月からも日本画専攻のブログは学生が更新していく予定でいますので、ぜひとも温かく見守って頂けますようお願い申し上げます。


(珊瑚末)
| 学生の日常 | comments(1) | trackbacks(0) | posted by 助手 -
開催中です 08:48


学内展開催中です〜。




私も当番がない時間に全専攻拝見させていただきましたが、ひとりひとりの個性が出ている展示になっていると思いました。




さて、初日に日本画専攻は公開講評があり、先生方、在学生、OB・OG、ご来場いただいたお客様…たくさんの方がいらっしゃいました。

4年生・修士2年生が一人ずつ作品解説中。

この4年間(または2年間)で技術だけでなくさまざまな思い、強さを得たことでしょう。


写真では細部まで分かりにくいので、ぜひ直接ごらんいただければと思います。




そして今年は総合案内もあるので展示室までたどり着けないということは回避されているはずですが、僭越ながらこちら↓をつくってみました。

各展示室にどの学生の作品があるのか分かりやすくなっております(簡単になってしまいましたが。)↑この案内図はTAKE FREEですのでご自由にお持ち帰りください。




学生それぞれが悩み、涙し試行錯誤しながら作り上げた力作になっております(学外展からさらに手を加えた学生もいるようです)。
修士2年生はスペースをうまく利用して数多く作品を展示しています。

かなり分厚いポートフォリオを用意してる学生もいます。




本日最終日ですが、ご来場お待ちしておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。


文星芸術大学卒業・修了制作展
〜3月2日(火)
9:00〜17:00まで

日本画専攻は1階、日本画実習室。

総合案内を左手にし、北校舎側の駐輪場方面へ進み「日本画専攻入り口」と書かれた看板が目印です!




(珊瑚末)
| 学生の日常 | comments(1) | trackbacks(0) | posted by 助手 -
送別会 20:43

少し間があいてしまいました。





もうすぐ学内展の準備です。
学内展では学外展に持って行っていない作品を出す学生もいます。






さて、そんな合間をぬって
3年生が中心となり4年生・修士2年生の送別会を開いてくれました。

鍋物にお菓子にお酒、
そしてこちらは―――

…なんと、3年生の手作り!!
見た目も味も抜群でとっても美味しかったです。





終盤、みんなから4年生・修士2年生に感謝の気持ちをこめて


主催の3年生からはあざやかなガーベラ。


2年生から
大きな袋の中には…

某ケーキ屋さんのお菓子。
1つずつ包装してあります…が、私の撮りかたが悪く見えにくくてすみません。



1年生から大きな花束。
色合いがキレイです。


院生の皆様やOBの先輩からもいただき

気づいたら両手いっぱいの花。

笑いあり、涙あり、学内展前のひと時の休息となりました。




(珊瑚末) 
| 学生の日常 | comments(1) | trackbacks(0) | posted by 助手 -
学外展が終わりました 13:04


11日を持ちまして今年度の学外展が終了いたしましたー。

今年も多くの方にご来場いただいたようでまことにありがとうございました。


そして午後からは全員集合して搬出作業。




日本画はあっという間に梱包も終わり、手が空いたので他の専攻のお手伝い


作品も無事トラックに積み込んでいただき、大学に向けて運ばれます。


次は学内展ですね〜。


(珊瑚末)
| 学生の日常 | comments(1) | trackbacks(0) | posted by 助手 -
色のない世界 20:15


雪、積もりましたね〜。

若干地面見えてましたが滅多にない白い景色。

…そういえば、一昨年の卒展準備の時期にも降ってました。


↓は昨夜、JR駅前でパシャっと撮影したもの。
ふわふわ大粒の雪がきれい(でも、ものすごく寒かったです。)

白くなった地面に映る雪の影ってどこか情緒がありますよね。




さて、なぜ駅前にいたかといいますと。
これに行っていたからです。

東京芸大の卒業・修了制作展

高い技術はもちろんのこと、様々な個性のある作品目白押しでした。

こちらは明日の16:30まで開催しています。




1月〜3月は全国の美術・芸術大学や専門学校、短大の卒展ラッシュです(もちろん文星の卒展も)。

他大学の大学生の作品を見て衝撃を受けたり、意欲がわいてきますし、制作した学生にとっては次へのステップアップに繋がることもあります。

だいたいの卒展が入場無料だと思いますのでぜひ(もちろん文星の卒展も)。


(珊瑚末) 
| 学生の日常 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 助手 -
1月30日 09:00

30日(土)

業者さんのトラックへ作品の積み込み

昼間だというのに体育館の中は極寒でした・・・。




平面からスタート
大きい作品を先に積み込むので油画専攻の学生とサイズを考慮しながら…

壊れてはいけないので慎重に。 


一作品ずつ確認しながらの作業、こんなに行列します…。




日本画は平面と備品類だけだったので30日中にすべて積み込み終わりました。
あとは搬入当日を待つのみですね。

何事も無く無事届きますように。

(珊瑚末)
| 学生の日常 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 助手 -
らっくらっく 19:31

学外展の準備がスタートしました。


日本画は2キャンから文星トラックを使って大移動です。



体育館へ到着。

大作は何人かいないと運べません。


奥にあるのが日本画専攻の作品(矢印のあたり)

平面だけなのでキレイにまとまりました。



明日から業者さんのトラックに積みこんで東京都美術館へ。。。

もうすぐだ〜。


(珊瑚末) 
| 学生の日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 助手 -
いよいよ 21:01


4年生・修士2年生で卒展の打ち合わせをして、
明日はいよいよ体育館へ作品を運び込みます。


↑やはり携帯カメラからだと画質が残念ですね(XдX)


(珊瑚末)
| 学生の日常 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 助手 -
そうこうしつ 20:27


こちら第2キャンパスの装潢(ソウコウ)室です。

残念ながらこの時間帯、誰もいませんでした。

この部屋は主に表装のための部屋です。
裏打ち、ドーサ引き、糊煮等もここで作業します。


 
 


(珊瑚末)
| 学生の日常 | comments(3) | trackbacks(0) | posted by 助手 -
梱包 20:17



4年生・修士2年生の卒業・修了作品ももう大詰めです!
気づいたら、10日後に搬入なんですよね。



しあさってには作品を移動するので梱包始める学生もでてきました。

凹凸の少ない平面作品はクラフト紙と気泡緩衝材で梱包します。


プチプチこと気泡緩衝材


つぶしたくなりますよね〜。
…実は小さく余ってしまった部分をプチプチしてます(笑)





余談になりますが、気泡緩衝材はプチプチ、エアキャップ、エアパッキン等、様々な名前で呼ばれています。しかし、その呼び名は商標であって製造している会社により違うらしいです。

また、とある会社では10,000分の1の確立でハートの形が混ざっているとか。
全部ハート型の商品も作られているそうですよ。


(珊瑚末)
| 学生の日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 助手 -
| 1/2 | >>