文星芸術大学 日本画専攻BLOG学校の様子をご紹介します

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
第3期天井画プロジェクト、始動。 (まだまだ登山口) 21:04
 今年も天井画の季節がやってまいりました。
3年計画で行っている、泉福寺天井画プロジェクト。
今年はいよいよ最終年度になります。

昨年度の天井画の様子はこちらから

後期からの本格的な始動に先駆けて、本日泉福寺さんまで見学に行ってまいりました。






昨年、一昨年に制作した天井画は、すでに天井に納まっています。
「天井画を制作する」と言ってもなかなかイメージがわきづらいですが、実際に見ることによってはっきりとしてきたのではないでしょうか(?)
こちらの天井画は、一般の方でも鑑賞することができるので、興味のある方はぜひ立ち寄ってみてください。

泉福寺は「花の寺」としても有名だそうで、もう少し早い時期だと藤の花などが楽しめます。



泉福寺の裏山には、四国八十八か所巡礼したのと同じ徳を得られるという散策道があります。




こんなカエルや、




地蜘蛛の巣なんかもたくさん。
(縦になっているナメクジのようなものが巣なのだそうです。)




巣の中にいた地蜘蛛。



自然あふれる泉福寺です。


見学から帰った後、さっそくそれぞれの描く場所の割り振り・マスキング作業を行いました。




白木に直接手を触れると、何十年と経った時に触れた跡が出てきてしまいます。
それを防ぐために、板の割り振りの後、板の縁にマスキング作業を行いました。

マスキングをするだけでも大変気を使うのですが、作業としては、登山で言えば「これから登山をするためにズボンを履き替えようかな」くらいの段階だそうです。登山口に立つか立たないかくらいです。
先は長いです。

| 天井画 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 助手 -
スポンサーサイト 21:04
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://bunsei-jp.jugem.jp/trackback/137
<< NEW | TOP | OLD>>